【競馬考察】馬券の的中率と回収率

2020年5月6日競馬考察的中率と回収率

スポンサーリンク

こんにちは、管理人のカズです。

@kazukeiba2018

的中率と回収率

馬券を買う上で重要なのはどちらでしょうか?

私は馬券を始めた当初は「的中率重視」でした。

何故なら、馬券が当たらないとつまらないからです。

それが、今では、「回収率重視」の思考へ変化しました。

そして、回収率を重視するようになってから馬券の成績が多少は上がってきた気がします。

本記事では、馬券における的中率と回収率について書いていきます。

的中率と回収率

馬券を買う上で的中率と回収率はどちらが大切でしょうか。

2018年3月の重賞成績(1番人気)

日付レース名結果単勝複勝
3/3オーシャンS30230
3/3チューリップ賞1180110
3/4弥生賞1180110
3/10中山牝馬S1200
3/11Fレビュー1000
3/11金鯱賞1160110
3/17フラワーC1300
3/17ファルコンS700
3/18スプリングS1230120
3/18阪神大賞典30110
3/24日経賞900
3/24毎日杯1250120
3/25マーチ900
3/25高松宮記念900
合計800910

3月の重賞における、一番人気の成績をまとめると以下のようになります。

レース数14
投資金額1400
単勝的中率35%
単勝回収率57%
複勝的中率50%
複勝回収率65%

因みに、二番人気の成績は以下のようになります。

レース数14
投資金額1400
一番人気二番人気
単勝的中率35%21%
単勝回収率57%107%
複勝的中率50%71%
複勝回収率65%115%

良い例ではないですが、的中率は一番人気の方が高くて、回収率は二番人気の方が高いことが分かります。

一番人気の複勝率は70%程度有りますので、的中を求めてしまう人は知らず知らずに一番人気を軸にしてしまうとかも知れませんが、馬券には控除率がありますから、回収率は80%程度に落ち着くと思います。

調べてみて気付いたのが、三月は二番人気の単複を買っていればプラスになるんですねw

何故、的中率を求めてしまうのか

やはり、安定を求めてしまうからだと思います。

的中=安定

定期的に馬券が当たらないと、金銭的にも、精神的にもきついですから、どうしても、一番人気を軸にしてしまうと思います。

馬券が当たらない=軍資金の枯渇になりますから、どうしても、的中率を重視してしまいますね。

では、どうしたら回収率重視の思考へ変化できるのか。

私は、最初に自分の的中率と回収率を把握することをおすすめします。

例えば、自分の的中率と回収率が以下のような成績だとします。

的中率回収率
単勝20%110%
複勝50%80%

この場合、単勝馬券は買えば買うだけプラスになりますが、複勝馬券は買えば買うだけマイナスになりますから、買うべき馬券は単勝馬券となります。

次に問題なのは投資金額だと思います。

的中率=安定を求めるのは、軍資金の枯渇を避けるためだと思いますので、回収率を重視して、尚且つ、軍資金が尽きないようにしないといけません。

的中率、回収率、投資金額

回収率が100%になる投資法があったとして、的中率=20%だった場合、一ヶ月に使える軍資金の1/5が一レースあたりの投資金額かというと実際には違いますよね。

長い目(一年間とか)で見れば的中率は20%になるのかも知れませんが、その中でも、当然連敗することがあります。

10レース購入したときに、最初の2レースが的中して、残りの8レースを外した場合は的中率が20%になりますが、最初の8レースを外して、残りの2レースを的中しても的中率は20%です。

正しい投資金額については、まだまだ勉強中ですが、私は感覚的に、的中率プラス10%位は安全率を見ています。

(私の的中率が20%だった場合、投資金額は的中率が10%だったと仮定して決めます。)

まとめ

まとめると以下のようになります。

①自分の的中率と回収率を把握する

②自分の的中率から1レースあたりの投資金額を決める

③繰返し投資して軍資金を増やす

これが出来れば半永久的に軍資金が増えていくかと思いますが中々上手くいきませんね。

まだまだ勉強中ですが、競馬で勝ち組になれるように頑張っていきます。

本ブログのトップページ 〉〉〉「 今日から競馬ブログを始めます

スポンサーリンク