【データ分析】神戸新聞杯過去データ(2018年版)

2020年1月4日G2神戸新聞杯

スポンサーリンク

神戸新聞杯(アイキャッチ画像)

こんにちは、管理人のカズです。

@kazukeiba2018

来週はスプリンターズSが有りますが、秋競馬もいよいよG1シーズンとなり、毎週のようにG1レースが行われるようになります。

そうなると、あっという間に有馬記念を迎えそうですが、私にとっては、これまでと違って競馬で結果を残すことが出来るのか、踏ん張りどころとなりそうです。

それでは、「神戸新聞杯」の予想をしたいと思います。

セントウルS
コース:芝
距離:2400

スポンサーリンク

人気

人気馬番馬名単勝複勝
0108エポカドーロ2.31.1
0203ワグネリアン3.11.2
0302エタリオウ5.01.5
0401ゴーフォザサミット14.62.2
0504ステイフーリッシュ15.42.4

2018年09月24日AM5時時点

これまでの戦績からはワグネリアンが一番人気かと思いましたが、エポカドーロが一番人気なんですね。

ワグネリアンの乗り替わりが嫌われているのか、戸崎騎手が人気があるのか分かりませんが、レース間近になれば逆転するも知れません。

神戸新聞杯の勝負度合い

神戸新聞杯の位置付けとしては、菊花賞の前哨戦になります。

有力馬にとっては本番前の一叩きでしょうし、本番が厳しい馬にとっては、ここが勝負となるかも知れません。

ワグネリアンやエポカドーロは菊花賞に向かうんですかね。

ワグネリアンは兎も角、エポカドーロには距離が合わない気もしますが、、、

本命馬

◎01番  ゴーフォーザサミット

ダービー1着、2着馬が出走するからなのか、レースの出走頭数は10頭と寂しい頭数になりました。

有力馬が休み明けなのに対して、本命ゴーフォザサミットは札幌記念を使っている強味も有りますし、ダービーも前残りのレースになり、ゴーフォザサミットはまだまだ勝負付けは済んでいないと考えています。

結果

後程更新します。

スポンサーリンク