【競馬考察】中山競馬のダート戦攻略法(2019年)

2020年5月6日競馬考察中山ダート

スポンサーリンク

カズ
カズ
こんにちは、競馬ブロガーのカズです(@kazukeiba2018

本記事では、「中山競馬のダート戦攻略法(2019年)」をまとめいきたいと思います。

私は、芝/ダートでトラックバイアスを受けやすいのは芝コースだと思うので、ダート戦はしっかりと分析すれば結果が出ると考えています。

過去のレース結果から、2019年に活かすことが出来ないか検証していきます。

スポンサーリンク

中山競馬場のダートコース

No.距離
1ダート1200
2ダート1800
3ダート2400

中山競馬場のダートコースは3種類あり、主なレースは1200メートル、1800メートルになりますね。

レース数が少ない2400メートルは、まだまだ、データの積み上げが不足しているので、ここでは、1200メートル、1800メートル戦に絞って分析をしていきます。

中山ダート1200

2018年1回中山開催勝ち馬平均人気
23レース3.7人気

2018年1月に行われた「1回中山開催」では、23レースが実施されましたが、勝ち馬の平均人気は3.7人、1番人気の勝率は8.7%、1番人気の複勝率は26.1%となります。

一番人気の複勝率が80%程度あることを考えると極端に低い数字ですね。

中山ダート1200注目種牡馬

サウスヴィグラス

バレバレだと思いますが、「サウスヴィグラス産駒」に注目です。

但し、ズバ抜けて成績が良い訳ではないので、他では、「スウェプトオーヴァーボード産駒」や「キングカメハメハ産駒」にも注目ですね。

中山ダート1800

2018年1回中山開催勝ち馬平均人気
25レース3.2人気

2018年1月に行われた「1回中山開催」では、25レースが実施されましたが、勝ち馬の平均人気は3.2人、1番人気の勝率は28.0%、1番人気の複勝率は32.0%となります。

ダート1200メートル戦同様に、一番人気の複勝率が80%程度あることを考えると極端に低い数字ですね。

中山ダート1800注目種牡馬

キングカメハメハ

キングカメハメハ産駒」は勝率や回収率が良く注目しています。他では、「ダイワメジャー産駒」や「ハーツクライ産駒」にも注目ですね。

中山競馬のダート戦攻略法まとめ

正月開催は変則日程の影響からか、荒れるイメージが強いですね。

正月開催を上手く乗りきることが出来れば、2019年も乗りきることが出来ると思います。

スポンサーリンク