【データ分析】京都金杯過去データ(2020年)

2020年1月11日G3京都金杯

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、競馬ブロガーのカズです(@kazukeiba2018

本記事では、「京都金杯」の過去データをまとめ、予想にいかしていきたいと思います。

2020年の京都金杯はAコースを使用して行われます。

スポンサーリンク

過去データ

2008年~2019年のレース結果をまとめていきます。

京都金杯は中山金杯と違い、一番人気の信頼度は高くないのですが、混戦と言う感じで、悩む割にはそんなにも荒れず、単勝、複勝の回収率は低いですね。

単勝、複勝回収率

項目回収率
単勝回収率47%(9060/19400)
複勝回収率65%(12540/19400)

人気別勝率および複勝率

人気成績勝率複勝率
13,3,1,525%58%
20,1,2,90%25%
33,3,0,625%50%
41,1,0,108%17%
52,1,2,717%42%
61,1,0,108%17%
72,0,3,717%42%
80,1,0,110%8%
90,0,1,110%8%
100,0,1,110%8%
110,1,1,100%17%
120,0,0,120%0%
130,0,1,110%8%
140,0,0,120%0%
150,0,0,120%0%
160,0,0,120%0%
170,0,0,120%0%
180,0,0,120%0%

馬券圏内の人気和

1着2着3着合計
2019151117
20184318
201716512
2016313723
201554716
201461512
201316714
2012321015
201173212
2010511319
200973212
200831913
平均14.42

京都金杯の人気和の平均は「14.42」です。

1番人気、2番人気の両立はなく、9番人気以下の馬が馬券圏内に入ってきたのは5回/12年です。

人気和とは三連系の馬券を買うときの基準になると考えています。

私は人気和の基準は「18.5」と考えており、基準より高ければ「荒れやすい」、基準より低ければ「荒れにくい」と思います。

人気和の考え方

1頭目・・・1人気
2頭目・・・2人気~8人気(平均5)
3頭目・・・9人気~16人気(平均12.5)
合計・・・18.5

勝ち馬の年齢

年齢勝ち星
4歳4勝
5歳2勝
6歳6勝
7歳0勝
8歳0勝

勝ち馬のハンデとトップハンデ馬の成績

勝馬トップハンデ馬
201955.057.0(10着)
201857.057.5(2着)
201756.557.5(3着)
201653.057.5(10着)
201555.057.5(5着)
201455.058.0(3着)
201357.058.0(2着)
201255.058.0(14着)
201157.058.0(4着)
201057.057.0(1着)
200957.058.0(4着)
200857.058.0(7着)

データ分析

過去のレース結果から、勝ち馬を分析していきます。

出馬表

出馬表

人気

人気馬番馬名単勝複勝
113カテドラル3.71.6
206ダイアトニック5.01.9
303サウンドキアラ5.31.6
418ソーグリッタリング10.02.6
515モズダンディー12.82.8

2020年1月5日AM9時時点

騎手成績

順位騎手勝率連対率複勝率
1川田25.0%34.6%48.1%
2松山16.9%23.1%29.2%
3福永20.0%31.1%44.4%
4武豊16.3%26.5%38.8%
5池添9.1%21.8%21.8%

同コースの騎手成績(勝利回数順)

種牡馬成績

順位騎手勝率連対率複勝率
1ディープインパクト13.9%20.6%33.9%
2ロードカナロア18.4%31.6%39.5%
3アドマイヤムーン15.6%26.7%28.9%
4ハーツクライ8.0%13.3%21.3%
5ダイワメジャー6.0%16.9%24.1%

同コースの種牡馬成績(勝利回数順)

年齢

年齢頭数
4歳4頭
5歳8頭
6歳3頭
7歳2頭
8歳1頭

予想

難解なので京都金杯はパスします。

結果

京都競馬場は11月以来に使用され、馬場もよく内側枠の馬が有利でした。

スポンサーリンク