【データ分析】フェアリーS過去データ(2020年)

2020年2月2日G3

スポンサーリンク

フェブラリーS(アイキャッチ画像)
カズ

こんにちは、競馬ブロガーのカズです(@kazukeiba2018

本記事では、「フェアリーS」の過去データをまとめ、予想にいかしていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去データ

2009年~2019年のレース結果をまとめていきます。

単勝、複勝回収率

項目回収率
単勝回収率147%(25870/17600)
複勝回収率83%(14640/17600)

人気別勝率および複勝率

人気成績勝率複勝率
13,1,1,627%45%
21,1,2,79%36%
33,0,1,727%36%
40,2,1,80%27%
50,1,2,80%27%
60,1,0,100%9%
70,1,3,70%36%
80,1,0,100%9%
90,0,0,110%0%
102,2,1,618%45%
112,0,0,918%18%
120,0,0,110%0%
130,0,0,110%0%
140,1,0,100%9%
150,0,0,110%0%
160,0,0,110%0%
170,0,0,110%0%
180,0,0,110%0%

馬券圏内の人気和

1着2着3着合計
201934512
201826715
2017101718
2016310720
2015118322
2014110415
2013105217
2012314522
201117210
2010112114
2009141015
平均16.36

フェアリーステークスの人気和の平均は「16.36」です。

人気和とは三連系の馬券を買うときの基準になると考えています。

私は人気和の基準は「18.5」と考えており、基準より高ければ「荒れやすい」、基準より低ければ「荒れにくい」と思います。

人気和の考え方

1頭目・・・1人気
2頭目・・・2人気~8人気(平均5)
3頭目・・・9人気~16人気(平均12.5)
合計・・・18.5

データ分析

過去のレース結果から、勝ち馬を分析していきます。

出馬表

人気

人気馬番馬名単勝複勝
111アヌラーダプラ2.51.4
210シャインガーネット 4.11.5
301スマイルカナ 7.12.0
404ダイワクンナナ 8.92.3
505ポレンティア12.22.6

2020年1月12日AM8時時点

騎手成績

順位騎手勝率連対率複勝率
1ルメール33.3%47.1%60.8%
2田辺16.2%21.9%29.5%
3大野8.3%17.5%27.5%
4石橋7.1%13.1%23.8%
5マーフィー31.6%36.8%42.1%

同コースの騎手成績(勝利回数順)

種牡馬成績

順位種牡馬勝率連対率複勝率
1ディープインパクト13.6%24.5%33.2%
2ロードカナロア11.2%24.7%29.2%
3キングカメハメハ14.3%27.0%39.7%
4オルフェーブル14.5%20.0%29.1%
5ハーツクライ4.9%12.7%21.6%

同コースの種牡馬(勝利回数順)

予想

◎11番 アヌラーダプラ

馬連11-03 200円
馬連11-04 1400円
馬連11-05 1000円
馬連11-07 800円
馬連11-08 900円
合計4300円

本来であれば買うべきレースではないと思いますが、今回は実験的に予想することにしました。本命は11番アヌラーダプラです。血統、騎手などから判断しましたが自信はありません。過去データから1番人気~3番人気の成績は良いものの、その3頭で決まることはなく、本命馬が1番人気であることから2、3番人気馬は切ります。相手は、内側枠重視で5頭選びました。

結果

勝ったスマイルカナはスタートよくハナを切って逃げ切りました。スマイルカナ以外は見所がある馬のいなくレースレベルは低かったのかなと思います。

スポンサーリンク

G3

Posted by kazu2017