【データ分析】東京新聞杯過去データ(2020年)

2020年2月9日G3東京新聞杯

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、競馬ブロガーのカズです(@kazukeiba2018

本記事では、「東京新聞杯」の過去データをまとめ、予想にいかしていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去データ

2000年~2019年のレース結果をまとめていきます。

単勝、複勝回収率

項目回収率
単勝回収率90%(26570/29500)
複勝回収率82%(24070/29500)

人気別勝率および複勝率

人気成績勝率複勝率
13,3,3,1115%45%
22,2,4,1210%40%
34,1,0,1520%25%
41,1,4,145%30%
53,4,2,1115%45%
61,3,3,135%35%
72,2,1,1510%25%
82,0,0,1810%10%
90,2,1,170%15%
101,0,0,195%5%
111,0,1,185%10%
120,0,1,190%5%
130,1,0,190%5%
140,0,0,200%0%
150,1,0,190%5%
160,0,0,200%0%
170,0,0,200%0%
180,0,0,200%0%

馬券圏内の人気和

1着2着3着合計
201916411
201835210
20173519
2016561122
201539113
201483516
201325411
201284719
201157214
20102169
2009515929
20086131231
20071258
2006112114
200517412
200475618
200331610
2002109221
20014127
200076417
平均15.05

東京新聞杯の人気和の平均は「15.05」です。

人気和とは三連系の馬券を買うときの基準になると考えています。

私は人気和の基準は「18.5」と考えており、基準より高ければ「荒れやすい」、基準より低ければ「荒れにくい」と思います。

人気和の考え方

1頭目・・・1人気
2頭目・・・2人気~8人気(平均5)
3頭目・・・9人気~16人気(平均12.5)
合計・・・18.5

データ分析

過去のレース結果から、勝ち馬を分析していきます。

出馬表

人気

人気馬番馬名単勝複勝
109番レッドヴェイロン3.51.4
202番ヴァンドギャルド3.91.5
301番プリモシーン6.72.5
405番サトノアーサー7.02.0
513番クリノガウディー10.52.6

2020年2月9日AM7時時点

騎手成績

順位騎手勝率連対率複勝率
1ルメール30.0%46.4%58.2%
2M.デムーロ21.7%33.3%40.0%
3田辺9.8%22.8%30.9%
4内田6.5%17.4%25.4%
5石橋11.4%20.3%24.1%

同コースの騎手成績(勝利回数順)

種牡馬成績

順位種牡馬勝率連対率複勝率
1ディープインパクト13.8%24.6%37.3%
2キングカメハメハ17.4%26.7%38.4%
3ハーツクライ11.6%22.3%36.4%
4ロードカナロア11.5%22.1%33.6%
5オルフェーブル6.7%16.0%18.7%

同コースの種牡馬(勝利回数順)

予想

◎09番レッドヴェイロン
○05番サトノアーサー
▲番02番ヴァンドギャルド
△13番クリノガウディー
×06番レイエンダ
×12番シャドウディーヴァ
×16番ドーヴァー

馬連
02-09 1800円
05-09 1100円
09-13 800円
06-09 600円
09-12 500円
09-16 200円

東京新聞杯の過去データを見ていると上位人気の勝率や複勝率が悪いことが分かります、、、分かりますと言いながら本命は1番人気のレッドヴェイロンなんですが。レッドヴェイロンに関しては大事に育てられてきて、徐々に力を付けてきた印象です。今年は勝負の年だと見ています。比較的荒れやすいレースだと思いますが、今年はそこまで荒れないと思います。

結果

後ほど更新します。

スポンサーリンク

G3東京新聞杯

Posted by kazu2017