【データ分析】朝日杯FS過去データ(2020年)

2020年12月26日G1朝日杯FS

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、競馬ブロガーのカズです(@kazukeiba2018

本記事では、「朝日杯FS」の過去データをまとめ、予想にいかしていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去データ

2014年~2019年のレース結果をまとめていきます。2013年以前は中山競馬場で開催され、2014年以降は阪神競馬場で開催されています。コース形態も違うことから、2014年以降のデータをまとめています。

単勝、複勝回収率

項目回収率
単勝回収率33%(3360/10300)
複勝回収率78%(7990/10300)

人気別勝率および複勝率

人気成績勝率複勝率
13,1,1,150%83%
22,1,1,233%67%
30,1,1,40%33%
40,0,0,60%0%
50,0,0,60%0%
61,0,0,517%17%
70,1,0,50%17%
80,0,0,60%0%
90,1,0,50%17%
100,0,0,60%0%
110,0,1,50%17%
120,0,1,50%17%
130,0,0,60%0%
140,1,1,40%33%
150,0,0,60%0%
160,0,0,60%0%
170,0,0,60%0%
180,0,0,60%0%

馬券圏内の人気和

1着2着3着合計
2019121417
201829112
20171326
2016671225
20152111144
2014114318
平均15.33

朝日杯FSの人気和の平均は「15.33」です。

人気和とは三連系の馬券を買うときの基準になると考えています。

私は人気和の基準は「18.5」と考えており、基準より高ければ「荒れやすい」、基準より低ければ「荒れにくい」と思います。

人気和の考え方

1頭目・・・1人気
2頭目・・・2人気~8人気(平均5)
3頭目・・・9人気~16人気(平均12.5)
合計・・・18.5

データ分析

過去のレース結果から、勝ち馬を分析していきます。

出馬表

後ほど更新します。

人気

人気馬番馬名単勝複勝
107番ステラヴェローチエ3.72.3
208番レッドベルオーブ3.71.4
305番ドゥラモンド6.82.2
413番ホウオウアマゾン10.61.9
504番ショックアクション12.12.9

2020年12月18日AM8時時点

騎手成績

順位騎手勝率連対率複勝率
1川田25.2%38.7%55.0%
2福永15.3%30.5%44.3%
3ルメール29.2%47.7%63.1%
4浜中15.5%22.7%30.9%
5武豊10.0%28.0%36.0%

同コースの騎手成績(勝利回数順)

種牡馬成績

順位種牡馬勝率連対率複勝率
1ディープインパクト12.5%23.1%35.0%
2ダイワメジャー9.1%20.8%29.9%
3キズナ13.2%22.6%30.2%
4キングカメハメハ6.0%20.5%28.9%
5バゴ15.0%40.0%45.0%

同コースの種牡馬(勝利回数順)

予想

◎08番レッドベルオーブ

複勝08番10,000円

ホープフルSがG1に昇格しメンバーが分散されることで朝日杯のメンバーレベルが落ちてきており、2020年のメンバーも混戦という気がします。そんな中でもレッドベルオーブに関してはこれまでのレース振りからも好勝負可能と判断しました。(人気ですけど)

結果

スポンサーリンク

G1朝日杯FS

Posted by kazu2017